セグウェイは危ない?正しい乗り方と3つのポイントを解説!

セグウェイ

セグウェイに乗ることは爽快な体験ですが、それなりのリスクが伴います。

セグウェイは正しい操作方法を知らないと危険なので、潜在的な危険性とそれを最小限に抑える方法について知っておくことが大切です。

今回は、セグウェイに乗ることで生じるリスクと、安全に乗るためのコツをご紹介します。

セグウェイは危ない?

セグウェイの事故は、軽い擦り傷や打撲から、より深刻な頭や首の怪我まで、深刻な結果をもたらすことがあります。

エモリー大学医学部の研究によると、頭の傷や外傷性脳損傷はセグウェイに乗る人が負う怪我の中で最も多いタイプで、これらは症状が現れるまでに時間がかかることがあるそうです。

脳震盪、骨折、硬膜下血腫(脳の表面に血液が溜まる)などの症状が現れるのが遅いため、セグウェイに乗るときは安全対策を十分に行うことが重要です。

セグウェイの正しい乗り方は?

安全で楽しい走行のためには、セグウェイの正しい乗り方を知ることが大切です。

まず、ハンドルがセグウェイに乗る人の身長にぴったり合うように調整されていることを確認します。

また、乗る前にバランスモードであることを確認してください。

電源が入ったら、いよいよ乗り込みます。

セグウェイを操作するときは、バランスをとりながら、少しずつ方向を変えてください。

また、不安な場合はセグウェイを降りてパワーアシストモードで走行しましょう。

セグウェイは道路走行用として設計されていないため、通常、公道での走行は違法とされています。

セグウェイで道路を横断する必要がある場合、安全であればパワーアシストモードを使用して歩いて横断してください。

セグウェイで公道を走ることはできる?

前述のとおり、安全性だけでなく潜在的な法的問題のため、一般的に公道でのセグウェイの走行は推奨されていません。

セグウェイは道路走行用として作られていないだけでなく、一般的な交通量に追いつくには速度が遅すぎます。

さらに、乗用車は重量がありすぎるため、セグウェイに十分に譲ることができず、重大な事故につながる可能性があります。

州や国によっては、セグウェイを公道で使用することが完全に禁止されている場合があります。

したがって、現地の法律を確認し、法律に違反していないことを確認することが重要です。

また、ヘルメットや膝・肘当てなど、適切な安全装備の装着を確認しましょう。

セグウェイに関する詳しい法律は、セグウェイの免許や公道関係の法律記事で詳しく解説しています。

公道でセグウェイに乗るならツアーがおすすめ

セグウェイは、公道を走れないことから自宅の庭や近所の公園など、できる範囲がかなり狭いです。

しかし、セグウェイツアーであれば、セグウェイで街を散策したり、自然の中を優雅に移動したりできます。

セグウェイツアーとは
  • 世界中1,000カ所以上で開催される人気のアクティビティ
  • 国内では北海道から沖縄まで全国各地で開催されている
  • 専属ガイドがいるから初心者も安心
  • つくば市をはじめ、横浜や箱根で公道ツアーも開始さている

ツアーによっては、公道の走行も特別に許可されているので、街や自然を思う存分駆けまわれます。

気になる人は、国内のセグウェイツアーをまとめた、レジャー総合情報サイト【アソビュー】でチェックしてみてください。

\セグウェイツアーは【アソビュー】/

セグウェイを購入するならキントーンで

セグウェイツアーではなく、自分だけのいつでも乗れるセグウェイがほしいという人もいるのではないでしょうか。

そんな、マイセグウェイがほしいという人は、キントーンで購入することをおすすめします。

キントーンとは
  • セグウェイの正規品を格安で購入できる
  • ワンピースなど有名漫画とのコラボも
  • メディア掲載多数の信頼度
  • 流行りの電動キックボードも扱う成長企業

キントーンのセグウェイが気になる人は、公式HPからチェックしてみてください。

\セグウェイ・電動キックボードならKINTONE/

セグウェイは操作を誤ると危ない

セグウェイに乗ることは楽しくエキサイティングな体験ですが、セグウェイ使用に伴うリスクを理解することが重要です。

しかし、セグウェイを利用する際には、その危険性をよく理解した上で、安全対策に努めましょう。

以上のことを念頭に置いて、次回のセグウェイ体験は安全で楽しいものにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました