セグウェイと電動キックボードの違いは?4つの異なる点を解説!

セグウェイ

セグウェイと電動キックボードの違いとは?

セグウェイと電動キックボードは何が違うのか、よく混乱される方がいらっしゃいます。

一見似ているようで、実は全く違うものなのです。

今回は、セグウェイと電動キックボードの違いについてご紹介します。

セグウェイと電動キックボードの違いは構造にある

セグウェイと電動キックボードの大きな違いは、その構造にあります。

セグウェイは、電気モーターを動力源とする二輪車で、セルフバランス型の乗り物です。

通常、手持ちのコントロールパッドで操作しますが、電動キックボードは、一輪の電動スケートボードで、通常、体重を前方および後方に傾けることによって操作されます。

セグウェイと電動キックボードの違いは速度

セグウェイと電動キックボードのもう一つの大きな違いは、最高速度です。

セグウェイは時速12.5km、電動キックボードは時速22kmで走行することが可能です。

これは、電動キックボードがモーターとギアシステムによって駆動されるのに対し、セグウェイは自身のバランスと運動量に依存しているためです。

セグウェイと電動キックボードはコストも違う

セグウェイと電動キックボードは、価格も大きく異なります。

セグウェイは通常2000ドルから1万ドルしますが、電動キックボードは通常もっと安く、求める機能にもよりますが、300ドルから1000ドル程度です。

セグウェイと電動キックボードは安全性も違う

最後に、セグウェイと電動キックボードの安全性にも違いがあります。

セグウェイはその安定性とスピードの遅さから、通常、より安全であると考えられています。

しかし、電動キックボードは車輪が1つで、スピードが速く、急旋回ができないため、事故が起こりやすいと言われています。

セグウェイと電動キックボードは違う

セグウェイと電動キックボードを選ぶ際には、構造、最高速度、コスト、安全性などの違いを考慮することが重要です。

これらの違いを理解することで、自分にとって最適な選択肢を決定することができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました